2019年08月09日

第14回 「ライフプロデュース」研究会開催しました。

7月31日、第14回「ライフプロデュース」研究会開催しました。
80代×1名  70代×3名  60代×5名  50代×1名  計10名

今回のテーマは「人付き合いの距離感(間)」
このテーマで思い浮かんだことが二つある。一つは、スタンフォード大学の教授 社会学者 マーク・グラノヴェッターの唱えた『The strength of weak ties』「弱い紐帯の強み」、社会的な繋がりが薄い人からの方が関係性が濃い人間関係よりも自分が知らない情報をもたらしてくれるという説、もう一つはヘルシンキ大学の名誉教授、ユーリア・エンゲストロームの『knot working』「ノット・ワーキング」―、変化し合う個々人が学び・遊び・交流・仕事をハイブリッドに融合させ、他者との協働のプロセスで互いにKNOT(結節点)となって、結んだり開いたりして繋がり合う関係性―。私自身、ここ数年、この2つの説を意識することで、他者との距離感において大分楽になった気がする。↓の著書では「ノット・ワーキング」と「チーム」や「ネットワーク」の対比が興味深い。
https://www.rochokyo.gr.jp/articles/br0805.pdf

今回、参加者それぞれの他者との関係性の悩みなど、興味深くお聞きした。
纏めを担ってくれたのは、Mayumiさん ~以下に続く〜

【 距離をもっと近づけたいケース 】
■約1000世帯、子育て世帯が9割を占める超高層マンションに居住中。自らの経験を若い世代に伝えたいと思い、声をかけたりコミュニティ活動を模索しているが、なかなか活性化しない。(70代男性)

■運営に関わっている団体では、理由も告げずに突然に退会する人もいる。あまり決まった型に嵌めずにやっているつもりだが、それでも運営はなかなか難しい。(70代男性)

【 良い感じの距離感 】
■古くからある団地にカフェが新設され、シニアの集いが誕生して気を許す仲に。そこで出会ったと思われる関係の中で、日々淡々と将棋を打つ男女シニアの姿は一つの理想では。(60代男性)

■興味を持った織物教室へ。二つの派閥が出来、集まるごとに人間関係で揉めているグループを避け、織ることをメインにしていたグループに入り、数年楽しく継続中。(60代男性)

■教員時代の教え子が集まり、畑で一緒に野菜を作り始めた。やがて教え子以外にもいろんな人が参加するようになって規模は拡大。皆、「楽しい」がモチベーションのようだ。(60代男性)

■朝の出勤時、自転車で前後に二人の子どもたちを乗せて、保育園へ送る30代パパと挨拶し合う関係に。ある日、信号機が赤になったタイミングで自転車を隣に寄せて、「パパ、格好良いですね!」と声をかけてみたらとても嬉しそうだった。細かな背景等は知らずとも声をかける、この関係が丁度良い。・・・ちなみに『極上の孤独』(下重暁子、幻冬舎)が私のオススメ本。(60代女性)

■距離感は気にしたことがない。多々のボランティア活動に参加や運営して思うのは、何よりも役割が大事ということ。役割が人を作る。人それぞれの出来ることに合わせて役割付けをしてあげると、上手くいく。(80代男性)

■退職後に新しく出会った方々、人柄に魅せられた方との時間を大切にするようになった。経歴などは互いに聞かないようにしている。彼らとの月1回の飲み会が、いま一番良い距離感、良い関係だ。(60代男性)

■同窓会でベテラン世代と若年世代で運営方針の意見が分かれ、すり合わせも上手くいかず。が、意見集約に固執せず、各世代が良いと思う企画を実施したら相互に良い刺激に。衝突を避けつつ活性化し、良かった。(50代女性)

【 できれば距離を遠ざけたいケース 】
■夫の趣味である弓道の会に参加をしたが、女性がお茶と弁当の世話となっており、その点で相容れずにすぐやめた。(60代女性)

■ご近所同士であることだけを理由に付き合うことや、同期や同窓など過去の一時期の関係性だけを理由に付き合うことは、意識して距離間をコントロールするようになった。魅力的な人とは括りがなくとも自然に惹かれ合って繋がり合える。派閥や根回し、陰口やネガティヴな噂話には関わりたくない。(60代女性)

■古くからある団地にカフェが新設され、シニアの集いが誕生して気を許す仲に。しかし、数名の男性から「材料費を出すから誰か日々の料理してくれないか」「独居の身なので誰か家政婦をしてくれないか」との要望が出ると一気に皆さんの反感を買ってしまった。(60代男性)

■退職してからは、会社時代の付き合いや同級生との付き合いなどは、相手から声がかかったら応えるが、気が進まないものは積極的には持たないようにしている。(60代男性)

<今回のまとめ>
「人との距離感」を良い状態に保つには、既存の関係や組織の維持のみに注力するのでなく、個人や社会にとって良いと思われる方向を考え、選んでいく必要があるというところに話が集約しました。
□個人では
・・・意志に関係なく継続せねばならない関係からだいぶ解放される。完全に断ち切るのは現実的でないが、関係や距離感の維持に固執せず、本人や社会にとって良いと思える方向に調整していくのが、シニア期の「人との距離感」ではないかということに。
□集団では
・・・原則自由参加のボランティア活動であっても、役割付与など何らかの形付けは必要である。多人数の意志が働くので難しいが、集団リーダーによる人柄を含めた雰囲気作りや冷静な方向付けが「適度な距離感」醸成に寄与するのではということに。

※ 参加できなかった60代男性の投稿はこちらから↓
2019年7月31日LP研資料 60代男性.docx

<次回テーマは「居場所がなく孤立した人間の見守り方、接し方」>
この議論に参加した臨床心理士の方から、「心理学では、相手との関係性の持ち方をタイプ分けする考え方もある。例えば、自らの不安を我慢して相手から良い人と思われようとする ”孤立型” 、逆に不安を晴らして相手を思い通りにしようとする “依存支配型” など」という話題が提供されました。他の参加者からは「コーチングの分野では、コントローラー、プロモーター、サポーター、アナライザーの4つのタイプの分け方がある」との話も。

次回のライフプロデュース研究会では、「居場所がなく孤立した人間の見守り方、接し方」をテーマに据えて心理学を軸に展開します。距離感を探り合うことも困難になっている人々に対して、社会はどのようにアプローチしたら良いのか。冒頭でまず臨床心理士の方がレクチャーを展開し、その後、参加者相互に事例紹介を行います。興味関心のある方は是非とも参加して頂ければと思います。

<レポート後記>
心理学の視点を取り入れると、各人が主観的に捉えている関係性を客観的に整理できたり、ひいては望ましい距離感の構築が容易になったり。そんな可能性を心理学というものは秘めている感じが致します。
企業という組織内での振る舞い、家庭内での子育てや介護や看取り、そうした役割から少しづつ離れていき、新たに各人各様の青写真を抱いて関わり合おうとするのがシニア期だとするならば、何かしら共通言語のようなものが必要であり、心理学はその一つと言えるのではないでしょうか。次回を楽しみに致しましょう!
森木まゆみ

◇第15回「ライフプロデュース」研究会開催のご案内
1.日時 9月25日(水曜日)18:00〜20:30
2.「居場所がなく孤立した人間の見守り方、接し方」
3.場所:場 所:内幸町 日本プレスセンター内日本記者クラブ9階ラウンジ

posted by ライフプロデュース研事務担当 at 02:43| Comment(0) | 日記

2019年06月30日

第13回 「ライフプロデュース」研究会 開催いたしました。

皆様こんにちは!鬱陶しい天気が続いております。如何おすごしでしょうか?
第13回 ライフプロデュース研究会、開催いたしました。今回の纏めは庄司信明さんに担当していただきました。

第13回 ライフプロデュース研究会 報告
                            報告者 庄司信明

●日時・場所:6月26日18時~21時(水)@日本記者クラブ9階ラウンジ
●テーマ:地域で役立つ自分になるヒント
●参加者:6名
 「地域で役立つ」といえばボランティア活動。その活動を15年も行っている柴田さんより、その極意を伺うことから会は始まった。
 「人が好きなんでしょうね。人付き合いが好き。人といろんなことをやっていること。人の面倒を見ることが・・・」。そういうことがまったく苦にならないという。全国組織であるNPO法人「ニッポン・アクティブライフ・クラブ(NALC)」のメンバーとして千葉県市川市を拠点に地域のボランティア活動を実践してきた。「自分のこれまでの力を発揮しよう、なんて考えるのは間違い。やれることだけをみんなでやりあうこと」。これこそが、ボランティア活動を長続きさせる秘訣なのだろう。
 小平さん、Wさん、中村さんらも地域で役立つ活動を実践。小平さんは、近くのカフェを拠点に何かボランティア活動ができないかと思案中だ。Wさんは地元町内会での活動で、年中大忙し。中村さんは猫のTNR(捕獲し、去勢・不妊手術を実施し、元の場所に戻す)の活動が4年目を迎える。野良猫の排除ではなく共生へから始まった地域猫活動を、さらに発展させてこれからの「地域の資源にしたい」と考えているという。
 首都圏の大世帯のマンションに住む皆川さんと私は、はたと困り顔。「地域で役立つことを何かしているであろうか」と。それでも皆川さんは、ひとり暮らしの高齢者たちを数人集め、「プラチナ会」なるものを作った。週に一度ぐらい集まって、お話をする憩いの場だという。
 さてと私は。そろそろマンション管理組合の事業に積極的に参画するかと思うぐらいである。

 なお、参加者3名の詳しい報告は下記の通りです。



「地域で役立つ自分になるヒント」
                                  小平陽一

埼玉県日高市(人口5万5千)に武蔵台団地がある。東急不動産が40年ほど前に山林を開発した緑あふれる戸建ての団地である。規模は約2200世帯(人口約5000)、この家々が西武池袋線高麗駅南側に広がっている。この地は、全国の団地で見られているように、十数年前から急速に高齢化率(現49.2%)が高くなり、空き家も出始めている。団地内のショッピングセンターにあった中心的存在のスーパーが撤退し、かつては賑わいを見せていたセンター内の個人商店(肉屋、八百屋、米屋、お茶屋…などなど)が、後継者不足と売り上げ不振で次々と閉店し、今やほとんどがシャッターを下ろしている。駅までのバスも極めて少なくなり、買い物難民というテーマでメディアにも登場した所でもある。
 このショッピングセンター内に、2年前「カフェ 高麗ブルーベリーファーム」がオープンした。ふとしたことから、ここに通うようになり、目下の私のシニアライフ研究のフィールドワーク対象となっている。
 自宅から車で15分。このカフェの隣には以前からクリニックが開業されていた。そこは団地内外の高齢者が数多く通って来る、この地区では唯一賑わいを見せているスポットである。そこに、花粉症の診療で訪れた。診察後、隣にカフェがあるのに気づき、看板に玉ネギをトッピングしたラーメンと書かれているのを見つけ入店した。注文したラーメンを食べ始めたが、どう見ても目玉の玉ねぎが見当たらない。トッピングは別メニューなのかとも思い、おずおず店主に尋ねてみた。すると、厨房から、「入れ忘れたー!」の声が聞こえてきた。厨房の方がしきりに恐縮して謝罪に来た。そして、ここからこのカフェとの付き合いが始まった。
 店内は高齢女子ばかり。中には、食事が終わって寝ている人もいた。店の方が、そっと水を持って行き、「薬を飲む時間じゃないの」と話しかけている。教えっこしながら編み物をやっているグループもある。何かほっこり出来る空気感が店内には漂っている。店の予定表をみると、ジャズライブあり、句会あり、リコーダー教室ありと、イベントも企画されている。ここには何かがあると直感し、この店に通うようになった。
 通ううちに、いくつかの面白い光景に出会った。リタイヤしたと思しき男性が来店し、やおら店の奥から将棋盤を持ってきて、無言でコマを並べはじめる。数分後、相手の女性が来店し将棋が始まった。常連だ。何度も見かけるうち、彼らとも顔なじみにもなった。
 女子会はいつも賑やかだ。それに比べて、男客は一人が多い。一人無言でコーヒーを飲み、帰りがけにお惣菜を買ってゆく。今晩のおかずになるようだ。静かにワインやビールを飲み、食事をして帰ってゆく人もいる。一人暮らしの高齢男性なのだろうか? ここには男女とも、一人暮らしの高齢者が吸い寄せられてくる居場所になっている。
 店のオーナーIさん(男子)は、脱サラしてブルーベリー農園を始め、カフェは副業だ。厨房のAさん(女子)はIさんの元同僚なのかな? Iさん、Aさんとも少しずつ打ち解けて来て、私の事も話すようになった。私の本も店に置いてくれたり、来る客、来る客に私を紹介してくれたりする。ここに来て、食事をしたり、コーヒーを飲んだりしながら、耳ダンボしながら、客同士の話を聞いていたり、話に加わったりしている。
 さて、私はここで何ができるのか? 今、考えている。店のオーナーに、講座を頼まれていたこともあり、月1で「暮らしカフェ」というワークショップが可能か思案中である。一方、畑で採れた新鮮野菜を、店頭販売に出荷して欲しいとも言われ、先日から出荷を始めた。いずれにせよ、まだ手探り状態ではあるが、このカフェで何かお手伝いできないか? 高齢社会を考える何かができるのでは? と期待と妄想を膨らませている。

「地域で役立つ自分になるヒントとは?」                 T.W
●東京下町・地元町内会の主な活動内容(年中行事) *戦前から続く伝統ある組織
 ・1月:「新年会」(役員全体&各部会毎) 
「成人のお祝い」
      「もちつき大会」(青年部・婦人部主体&役員総出)
 ・3月:「春の子どもまつり」(青年部主体)⇒12町会連合、「縁日」展開
                     (当町会:くじ引きゲーム担当)
 ・4月:「春の交通安全運動」(役員全員)⇒1日/週 朝晩一時間ずつ出役
 ・5月:「総会及び懇親会」( 役員全員)
 ・8月:「夏祭り」→「御神輿・山車巡行」(3日間) 及び「打上げパーティ」
             (3年に1度)
          →「盆踊り大会」(役員全員)6町会連合(神輿の無い年)
         →「子ども縁日」(青年部主体):スイカ割、かき氷、焼きそば
 ・9月:「秋の交通安全運動」(春と同様)
      「防災訓練」(役員全体)
 ・10月:「BBQ大会」(青年部主体)
 ・11月:「日帰りバス旅行」(厚生部主体)*車中でゲーム大会、カラオケ大会    
 ・12月:「夜警(火の用心巡回)」(役員全員)1日/週 20時〜0時 
      →テント片付け後、有志で「年越しそば」(蕎麦屋で宴会)
 ⇒私の主な貢献活動内容
  ・ほぼ各行事に役員(実行委員)として参加
  「打合せ」−「準備活動」−「当日の実行役」−「後片付け」−「打上げ」  
  ・主に、各イベントの「司会進行役」を務める
   (新年会等の各懇親会、盆踊り大会、バス旅行カラオケ大会等)
  →社会人時代から、様々なイベントや懇親会で司会経験活きる?

●キャリア・カウンセラーの資格 → 活かす余地あり?
 ・実際に町内若手メンバーの「お悩み相談」(仕事関連、人生の岐路等)に対応
  した経験あり
●実母の介護経験活かす可能性も? 
 ・現在進行形で(在宅介護―1年半経過)、様々な経験を経て今の「介護保険制度」
  関連の知識を学んでおり、地域の方々へもそれらの情報提供が出来るのでは?


「地域で役立つ自分になるヒント」〜               中村昌子
 
4年目を迎えた「地域猫活動」―。排除ではなく、共生へ……
そして地域猫たちが「地域の資源」になることを目指して。

 4年目を迎えた「地域猫活動」―、VISIONは描いているのだが、具体的アプローチの手法が見えてこない…と、つい最近、指針となるある一つの出来事があった。
 私は茨城県ひたちなか市那珂湊出身で、この町は、鉄道ファンに人気のひたちなか海浜鉄道湊線、全長14.3kmの第三セクター鉄道の停車駅だ。1970年代、高校生時代の3年間、私はこの湊線で那珂湊駅から水戸の県立高校に通っていた。2009年からその那珂湊駅に一匹の黒い「おさむ君」という名の駅猫が居ついたという。おさむ君は、その猫らしい自由きままさで、駅猫として愛され続け、先日6月24日に推定、17歳で亡くなった。約10年間、那珂湊駅に居つき、やがてその存在が朝日新聞、読売新聞、TBSテレビに取材され、SNSなどを通してひたちなか海浜鉄道湊線の広報活動に大いに貢献した。折しも2007年に和歌山電鐵貴志川線で「たま駅長」が就任しており「猫駅長ブーム」だったが、「おさむ君」は駅長どころか社員にもならず、ただ駅に棲み着いた駅猫として、鉄道員や乗客、地域の人々に愛される存在となる。猫駅長に祭り上げなかった理由を、同鉄道会社の社長は「自分たちは、おさむを猫駅長にすれば、肩書についてきそうな激務のプレッシャーを心配していました。ネコらしく、自由にしていてくれれば、という思いだった」と述べている。ここにも無骨な<那珂湊人気質>が覗える! とこの町で生まれ育った私はふるさと自慢! 
 おさむ君が亡くなったあと、その死を悼むフォロワーの数は予想を遥かに超えた全国ネット、10000人以上に達したという。敢えておさむ君を猫駅長に祭り上げなくても、駅名の看板を、猫をデザインしたものに変更したり、オリジナルのグッズは販売していたらしく、私が目指すところの、人間にも猫にも双方に〈WINWIN効果の手法〉はとても参考になっている。
 さて私たちの場合、猫たちにとってもベストな状況を尊重しながら地域猫活動が「地域の資源」になるためには? しばらくはこのテーマを念頭に地域猫活動を続けていこうと思っている。




写真は筆者が2016年、那珂湊に帰省した時に撮影した、那珂湊おさむ君と妹分のミニさむちゃん。
那珂湊おさむ君.jpg


おさむ君2.jpg

おさむ君3.jpg





今回も18:00〜21:00まで、そして二次会と意見交換、盛り上がりました!

第13回.JPG


次回の月例会は、7月31日(水曜日)を予定しております。
テーマは、「人付き合いの距離感」です。
18:00〜20:00 月例会 日本記者クラブ ラウンジ
20:30〜   銀座界隈で納涼会

参加ご希望の方は、中村宛にご連絡ください。
posted by ライフプロデュース研事務担当 at 12:12| Comment(0) | 日記

2019年06月07日

第12回「ライフプロデュース」研究会 開催しました!

皆様こんばんは!
本日、関東甲信、梅雨入り宣言!しましたね。今週前半は、ジメジメした不快指数高い天気だったので、小学校の授業は子供たちが爽やかな気持ちになって、楽しめるゲームがないだろうか?と考えた結果、「おはじきゲーム」をすることにしました。ルールはビンゴと似ていて、一人5個のおはじきを好きなイラストの上に置いて、指導員の私と担任の先生が交互に読み上げた英語を聞いて、自分が置いた絵と一致したら、おはじきを取る。さらに、あと1つで「上がり」という状態になったら"One more." と言って、stand up する。全部終了となったら、" I'm finished."という。ルールは以上でとてもシンプルです!学年によってイラストを替えて実施してみました。高学年は一日のルーティン動作で、低学年は夏のフルーツと野菜のイラスト集でーという具合で。子供たちの反応はかなり盛り上がりました!大成功ヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~ 教科書の上でキラキラと輝く涼やかなガラスのおはじきー,子供たちの歓声で、不快指数も吹っ飛びました! 梅雨の季節は、涼やかなガラス玉のおはじきゲーム、小学校の英語の授業で活躍しそうです!
おはじきゲーム@.JPG


さて本題です! 第12回「ライフプロデュース」研究会、開催いたしました。今回のテーマは、「令和の時代、身近な地域コミュニティのSDGs」でした。6月15日(土曜日)駒沢大学で開催される、シニア社会学会の大会で、研究会メンバー3名がシンポジウムのパネリストとして登壇させていただきます。よって今回は、その打ち合わせも兼ねた月例会となりました。

今年の大会のテーマは、大会テーマは「新しい時代におけるコミュニティのSDGs」※SDGsとは、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で決められた、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、国際社会共通の目標です。
 基調講演は、◆ 基調講演:「まちづくりにおける共通価値の創造とSDGs 」
 笹谷秀光氏(社会情報大学院大学客員教授、伊藤園元取締役、日本経営倫理学会理事)です。

小平さんは、「首都圏郊外の遊休の畑を利用して、野菜作りと都内のこども食堂に野菜を供給する活動」
庄司さんは、「ふくしまで進むオーガニックコットンプロジェクト」
中村は、「自分が身近な地域コミュニティ」で実現したいこととSDGs 〜SDGsという「窓」を通すと世界共通の課題へ繋がっていく。ワクワク感で小さな一歩を踏み出すことが大切!」
そんなテーマで3人3様、活動に至った目的や背景を簡単にご紹介し、それぞれの地域コミュニティでの課題や展望などを少しお話できればよいなという流れとなりました。

 「SDGs」と聞いただけで、「他人事」「難解すぎて自分には無理」と引いてしまう方が結構多いのですが、まずは、「自分の好きなこと・頑張っていること・身近に関わっていること」について、そのことの2030年、どうあって欲しいか?の未来図を描いてみて、そうなるためには今、自分には何ができるだろう? 今、自分が関わっている活動の課題は何だろう?と自問自答する。先ずは目の前の課題について突破口を探ったり、風穴を開けるために小さなアクションを起こし、諦めずに続けることが大事で、それがSDGsという「窓」を通すと世界共通の課題に繋がっていく。そんな風に理解すればよいのかな?という点では、全員一致を見た第12回「ライフプロデュース」研究会でした。あ、第1回研究会開催からまる1年経ったんですねー、感無量!

sdgs.jpg

関心のあるかたは、是非、当日、駒沢大学で開催される、シニア社会学会の大会にお越しください。
1)開催日 :2019年6月15日(土)
2)開催場所:駒澤大学(駒沢キャンパス) 3号館(種月館)3−211教室
(東京都世田谷区駒沢一丁目23番1号、東急田園都市線駒沢大学駅下車徒歩8分)




◇第13回「ライフプロデュース」研究会 開催のお知らせ◇
日時:2019年6月26日(水曜日)18:00〜21:30
テーマ:「地域コミュニティで役立つ自分になるヒント」
場所:内幸町 日本プレスセンタービル 9F 日本記者クラブ ラウンジ


また、今回から「ライフプロデュース」研究会メンバーのホームページ、ブログ、通信などの最新記事などをご紹介していきます。

◇ 皆川靱一:「北欧から学ぶシンプルライフ」 ※ 皆川さん曰く、このblogは最近は「がんばっぺ〜中央・佃シニアサロン」の活動の軌跡が中心になっているそうです。

◇ 小平陽一:第32号 飯能近田舎通信 (1).pdf

◇ 中村昌子:地域猫活動団体「妙典Cat Fellow Net」 ※ 妙典Cat fellow netとは?

posted by ライフプロデュース研事務担当 at 22:11| Comment(0) | 日記