2019年01月17日

第8回 「ライフプロデュース」研究会      報告者 若井泰樹

  
皆様、寒中お見舞い申し上げます。
平成最後の新年、如何お過ごしでしょうか?
遅ればせながら、元旦の初日の出と、1月6日午前10:00頃、
平成最後の「部分日食」の画像を共有させていただき、
元号が変わる、記念すべき新たな年の、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

2019年初日.jpg
平成最後の初日の出 2019/01/01 中村の友人が船上より撮影。

部分月食 その2.jpg
平成最後の部分日食 2019/01/06 中村昌子撮影

第8回 月例会を開催いたしましたので、ご報告致します。
今回の報告者は若井泰樹さんです。

1) 日 時:2019年1月11日(金)
2)場 所: 内幸町 日本プレスセンター内、日本記者クラブ9Fラウンジ
3) テーマ:「シニア期における新しい関係性作り、及びネットワーク作り」
4)参加者:7 名 三橋、若井、庄司、中村、小平、寺本、皆川(敬称略)
(80歳目前から50代まで、女子2名 男子5 名)

第8回 LP研 報告 (2019年1月11日開催)
テーマ 『シニア期における新しい関係性作り、及びネットワーク作り』
報告者 若井泰樹

まず最初に若井が口火を切って、定年の数年前より実践していった「定年後⇒シニア期の友人関係の構築」についての実体験を紹介。⇒やはり、「定年前に付き合いのあった会社関係の人たちとも、退職後は徐々に疎遠になっていく」のは世の常であり、定年前のできるだけ早い時期より「会社以外のコミュニティ」に勇気を出して積極的に参加すること、そこで友人を一人でも多く作っていくことが大切と気付き、心掛け実践していった。
若井の体験例では、地元の町内会役員、小中学校の同窓会・同期会の幹事、高校部活OB会役員等々を引き受け、さらにそこを起点として俳句会、歴史勉強会、カラオケ・ゴルフ会等にも所属して友人のネットワークを広げ、その後も生涯学習として立教セカンドステージ大学へ通学し、修了後も同窓会役員や3つの研究会に参加し、おかげで定年後も友人関係に恵まれたシニア期を過ごすことが出来ている。

次いで寺本さんから、シニア期においては、「特に自分のキャラクターを受け入れてくれる人とお付き合いしていきたい」、また「じっくりと心をくだいて接することができ、かつ男女を問わず尊敬できる人とお付き合いをしたい!」と話され、さらに相手から「会いたい」と言ってくださる人は大切にしていきたいと語られた。

三橋さんは、今は「自分の居場所」を真っ先に考えたい⇒確保したいと話され、それこそが「自然に仲間作り、ネットワーク作りにつながるのでは?」と話された。また退職後は立教SS大⇒某大学院へと進学され、現在は特に「哲学」に興味を抱き学ばれておられるとのこと。(ご本人は、元々は技術者)さらに、最近はテレビ出演も相次いでおられ、その反響で昔の友人、知人から続々と連絡が舞い込んでいるとのこと。

小平さんは、今は何事にも「コミットすること」⇒「自分が果たすべき役割」を大事にしていきたいと。定年後、「介護食3級」の資格取得をはじめ、「織物講座」に参加したり、立教SS大⇒同大学院へ進んでネットワークを広げており、趣味でヨガとかシャンソンのサークルへも参加、また教員時代の教え子たちとの交流を復活させ、現在では300坪の畑で野菜作り(⇒子ども食堂へ支援)にも励んでおられるとのこと。

庄司さんは、現在は立教SS大で出会った友人たちとの交流、さらに「ふくしま復興支援」を続けている仲間及び現地の人々とのお付き合いがメインになっていると。ふくしまの支援は5年以上続いているが、それは「一度も辛いと思ったことがない」ことが長く続けられる要因になっているとのこと。また一方で、「チームワーク」は大切だが、群れる」ことは嫌いと述べられ、これはシニア期においてむしろ必要な要素では?とも話されている。

中村さんは、性別に関わらず、関係性が牽制し合うようになったり、相手の裏表が見え隠れするようになったら、その友人との良好な関係の継続は難しいのではないか?その場合は、距離感保ち、自然にフェードアウトし、別の健全な関係性に力を注ぐことが大切ー、また、出身校の同窓会や会社の元同僚など同質性をベースにしたコミュニティでは、会う度に思い出話に花を咲かせることを繰り返すのではなく、「現在(いま)の自分」が相互に影響し合い新たなシナジー効果を生み出せるような関係性の構築が理想的だなぁーと話された。また、私たち世代の良好な関係性創りには、会社勤め時代の、所謂、❝派閥づくり❞やそれに伴う❝根回し❞はご法度!とも強調された。彼女の小学校の職場では、20代の若い教員たちから、児童教育の現場のノウハウを実践で具体的に教えてもらっていて、60代である自分のコーチが20代30代って、とても若返った気分で最高!!ーっ!と「実践!多世代協働」の職場の渦中にいる❝ワクワク感溢れる❞心境を語った。

皆川さんは、「まずは地域に出ていくことが大事」と力説され、さらにそこに「ふるさと」を感じ愛着を持つよう心がけておられるとのこと。原発事故以来、地元中央区に被災されて避難されておられる方々の支援活動を最優先で取り組んでおられるとのこと。ご本人自ら『避難されている方々を支援するシニアの会』を立ち上げ、地元の「もんじゃ焼き」のお店へその方々をご招待され、『もんじゃサロン』と称するその活動は7年目(40数回)を迎えておられる。また皆川さんは、支援活動を通じて、被災者の皆さんに「中央区を第二のふるさと」と思っていただけるよう、今後も尽力されていかれると話された。そして、「高齢者も世の中の役に立つんだ!」ということを証明していきたいと力説された。また地元の人たちとも手を組んでいきたいとも。最後に、『シニアになるほど、地域に出てコミットすることが重要』と述べられた。

1月 月例会 LP研究会.JPG
日本記者クラブ9Fラウンジ&レストランのスタッフの皆様のホスピタリティは素晴らしく、お食事も美味しいです。今年もどうぞよろしくお願いします。皆川座長、いつも予約ありがとうございます!
日本記者クラブラウンジ.JPG

〜編集後記〜
若井さんの報告の纏めを拝見し、ふと、「方丈記」で鴨長明が説く無常の世界が脳裏に浮かびました。
『ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。』
「シニア期における新しい関係性作り、及びネットワーク作り」は、若いころの期待に満ち溢れた、少し力の入った関係性の構築ではなく、むしろ、世の中も人の心も「無常」で、「所詮、人は孤独、他との関係性も永遠ではないという自覚」から始まるからこそ、むしろ失敗を恐れずに「結んだり、開いたり」、「消えかけても、また結んで」自分以外の他との関係性を自由に愉しめるのではないだろうか.....先ずは、樋口恵子さんの名言、「出掛ける! 出逢う! 何かできる!身近なところで、微・助っ人!」ー、身近な愛着のある地域で、自分の居場所やミッションを見つけることがお勧めであると私は感じておりますが、皆さんはどう思われますか?



posted by ライフプロデュース研事務担当 at 23:42| Comment(0) | ブログ