2018年08月01日

団塊世代ストライクゾーン 小川文男さんの定年後の生き方   中村昌子

 団塊世代が後期高齢者となる2025年を控え、圧倒的ボリュームを持つ団塊世代の多様な生き方やライフスタイルが 後に続く「ポスト団塊世代」以降のシニア予備軍世代の指針となり、羅針盤となります。

 今回、立教セカンドステージ大学同窓会の「10周年記念サイト」で、何人かの方々が、立教セカンドステージ大学での学びを修了後、その学びの展開の実践について語っておられます。「ライフプロデュース」研究会メンバーでもある団塊世代ストライクゾーンの小川文男さんもそのお一人ですので、ご紹介いたします。 YOU TUBE動画資料:立教セカンドステージ大学「10周年記念サイト」から引用



ポスト団塊世代の中村から観た、小川文男さんの定年後の生き方に共感し指針とするポイント↓

1.小川さんご本人が「競争!」が一つのキーワードであった、日本の高度成長期を担ってきた「団塊の世代」ストライクゾーン(海外赴任も経験された元商社マン)であられるが、力みがなく、静かな佇まいで、威圧感がない。深く静かに秘めたパッションが伝わってくる。
2.ご本人が前面に出てこないので、印象がナチュラルー。が、深く静かな存在感があるので、後に続く世代は、話を真摯に聴いてもらえそうな安心感と親近感を感じる。
3.ご本人は、群れない....というか群れる必要が全くない確固たる自分の世界がある。(アマチュアのサックス奏者でもある)。 ご本人は集団に特に依存していないのに、小川さんを必要とするプロジェクト、プラットホームが複数ある。しかも、それが旧知の同質性のコミュニティに留まらず、新たな人間関係を開拓し構築し、常に誠意を持って対応され、必ず期待に応えておられる。

次に、以下の2点については、小川さんと中村は意見が一致している点と言えます。

1.企業人生で複雑な人間関係やリーダーシップを発揮することに散々苦労してきたのであるから、人生第二章は、身近な地域コミュニティで役立つ自分を目指したい!次世代を、日本の未来を担うこどもたちを!日本を訪れる外国人を!優しく、暖かく、ホスピタリティ&フォロワーシップを発揮してサポートしていきたい!という考えが一緒であり、その路線で、自分の人生をセルフプロデユースしている。

2.ボランティア一筋では持続可能はなかなか難しい。もし、ボランティア活動に力を注ぎ、最大値の効果を期待するのであれば、言わば車の両輪の片方として、有償の仕事を持とう!そして多世代が交じり合う旬な社会の空気を肌で実感しよう!有償と無償の仕事をシナジー効果で相互作用させて、プロダクティヴエイジング(しなやかに生涯現役)を目指そう!年を重ねても尚、報酬を得る仕事ができるスタンスを自らが示すことで、後に続くシニア予備軍世代が希望の光、指針を得ることができるーという明確なvisionー、以上2点が一致している。

小川文男さんは、様々な活動のプラットホームを持ちながら、気負わず力まない。また、趣味のサックス演奏やテニスもその仲間の皆さんと楽しんでおられます。

定年後の学びを、気負わず、しなやかに、様々なコミュニティでの他との協働に展開、発展させている小川さんの生きざまは、団塊世代の皆様(特に企業戦士だった方々...)にこうあってほしい.....と後に続く世代が願う、理想的なモデルパターンの一つです。

「薫陶」という言葉はなかなか使う機会がありませんが、後に続く世代にとって指針となるような存在は、人生100年時代、ますます大切になってくるのではないでしょうか....。            
posted by ライフプロデュース研事務担当 at 07:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: